EQUIPMENT

  • 1

    スプレーガン(重力式カップ)

    アイチ金属の塗装は、単なる塗装ではなく、下地を生かすものであり、アイデアを具現化するものであり、品質を向上させるものです。使う道具は我々に合うものを一般的な工具ツール内から選んでいるのですが、結局は意識と使い方で全てが変わります。

  • 1

    シャーリング

    こちらも鈑金屋には欠かせないマシン。金属板や棒材をカットするマシンです。板と棒とでは、使用するシャーリングマシンが異なります。アイチ金属にはどちらも完備されており、さまざまな素材のカットが行われています。毎日フル稼働です。

  • 1

    えぐり機

    角棒、丸棒、さまざまな形状や素材の金属棒をくり貫く機械です。めずらしい機械ではありませんが重要な機械です。接合部を美しく見せるために、ひと手間を加える作業には欠かせません。職人の発想次第では、より自由度の高い形状にえぐることも可能です。

  • 1

    ナッター

    図面に応じて自由にナットのポジションを決定する必要がある我々にとって、ナッターは本当によく使用する道具です。種類も多種多様です。弊社では、がっちりと固定するだけでなく、表面にボルトが出ることのないような施工技術ノウハウを有しており、固定する場所と仕上げ工程までを考慮した設定には自信があります。

  • 1

    コーナーシャーリング

    金属板の四角を加工するための機器。素材の角をV字型や切り欠き、せん断するわけですが、複雑な形状の金属加工も行うアイチ金属では、頻繁に使用されます。たとえば棚のカバーを作る際にも四角のカットが必要になりますし、テーブルのような形状のものにも応用されます。鈑金技術では必須アイテムのひとつです。