EQUIPMENT

  • えぐり機

    角棒、丸棒、さまざまな形状や素材の金属棒をくり貫く機械です。めずらしい機械ではありませんが重要な機械です。接合部を美しく見せるために、ひと手間を加える作業には欠かせません。職人の発想次第では、より自由度の高い形状にえぐることも可能です。

  • ナッター

    図面に応じて自由にナットのポジションを決定する必要がある我々にとって、ナッターは本当によく使用する道具です。種類も多種多様です。弊社では、がっちりと固定するだけでなく、表面にボルトが出ることのないような施工技術ノウハウを有しており、固定する場所と仕上げ工程までを考慮した設定には自信があります。

  • 1

    コーナーシャーリング

    金属板の四角を加工するための機器。素材の角をV字型や切り欠き、せん断するわけですが、複雑な形状の金属加工も行うアイチ金属では、頻繁に使用されます。たとえば棚のカバーを作る際にも四角のカットが必要になりますし、テーブルのような形状のものにも応用されます。鈑金技術では必須アイテムのひとつです。

  • 1

    ベンダーマシン

    多様な金型を使用して、様々な角度に金属板を折り曲げるために使用するベンダーマシン。巨大な板材から小さな板材まで、熟練工であればかなり繊細な曲げ加工も可能です。決め手となるのは金型の存在。アイチ金属は、数十年の歴史の中で培ってきた様々な金型を応用しながらユニークな加工にも挑戦しています。

  • 1

    エアーハンマー

    金属の表面を凹凸にすることや、じっくり曲げていく作業など、多種多様な技術に応える道具ですが、こちらもまた思い通りのエアーハンマーに辿り着くまでには長い時間がかかりました。ちょっとした勘所というのか、職人の思うような仕上がりを実現できるのがこちらのエアーハンマー。いい味を作り出す強い味方です。