EQUIPMENT

  • 1

    グラインダー

    鈑金屋には欠かせないアイテムのひとつ。というよりも、金属加工業を営む場所になら100%ある品物です。道具としてもめずらしいものではありません。それでも、やはりアイチ金属としてはこれをしっかりここに掲載したい。面取りひとつに、製品仕上げの心意気が出ると考えているからです。どこにでもあるからこそ、どこにもない価値を作り出せると思っています。

  • 1

    メタルソー

    金属を切る。ただ切るのではなく、後工程のことを考えて切る。私たち鈑金の初工程のひとつを担うのが素材のカット。社内には複数のメタルソーがありますが、どれも言ってみれば歴戦の戦士達ですね。長きにわたって耐久しているもの、いよいよ足りず新しく購入したものまで、全部が全部毎日よく使い込まれている一品です。

  • 1

    溶接機<アルゴン・半自動・アーク>

    溶接もまた鈑金屋の歴史を表します。アイチ金属が現在のようにさまざまな特殊表面処理を行うようになる前から、溶接は私たちの工場の中に必ずあるものでした。今では、アイチ金属の溶接技術そのものも、表面から見えない工夫にたどり着き「見えないもの」となりました。それでも、つなぎ目の美しさは企業の技術の美しさと考え、見えない美しさにこだわっています。