EQUIPMENT

  • 1

    ベンダーマシン

    多様な金型を使用して、様々な角度に金属板を折り曲げるために使用するベンダーマシン。巨大な板材から小さな板材まで、熟練工であればかなり繊細な曲げ加工も可能です。決め手となるのは金型の存在。アイチ金属は、数十年の歴史の中で培ってきた様々な金型を応用しながらユニークな加工にも挑戦しています。

  • 1

    エアーハンマー

    金属の表面を凹凸にすることや、じっくり曲げていく作業など、多種多様な技術に応える道具ですが、こちらもまた思い通りのエアーハンマーに辿り着くまでには長い時間がかかりました。ちょっとした勘所というのか、職人の思うような仕上がりを実現できるのがこちらのエアーハンマー。いい味を作り出す強い味方です。

  • 1

    グラインダー

    鈑金屋には欠かせないアイテムのひとつ。というよりも、金属加工業を営む場所になら100%ある品物です。道具としてもめずらしいものではありません。それでも、やはりアイチ金属としてはこれをしっかりここに掲載したい。面取りひとつに、製品仕上げの心意気が出ると考えているからです。どこにでもあるからこそ、どこにもない価値を作り出せると思っています。

  • 1

    メタルソー

    金属を切る。ただ切るのではなく、後工程のことを考えて切る。私たち鈑金の初工程のひとつを担うのが素材のカット。社内には複数のメタルソーがありますが、どれも言ってみれば歴戦の戦士達ですね。長きにわたって耐久しているもの、いよいよ足りず新しく購入したものまで、全部が全部毎日よく使い込まれている一品です。

  • 1

    溶接機<アルゴン・半自動・アーク>

    溶接もまた鈑金屋の歴史を表します。アイチ金属が現在のようにさまざまな特殊表面処理を行うようになる前から、溶接は私たちの工場の中に必ずあるものでした。今では、アイチ金属の溶接技術そのものも、表面から見えない工夫にたどり着き「見えないもの」となりました。それでも、つなぎ目の美しさは企業の技術の美しさと考え、見えない美しさにこだわっています。